今年も挑戦中!

201705img3286

響塾のさやかです。

「丘の子スシューと星の子リティー」本番まで3ヶ月を切りました!
本番に向けての合宿やリハーサル日程が決まり、チケットの発売も開始して、
いよいよ本番が現実のものとなってきました。

今年のチャレンジはファンタジーの世界を、登場人物のセリフだけで紡いでいくこと。
それぞれが物語の登場人物となり、ひとつのお話を伝えます。

私がいただいたのは、エステ屋さんと星の王妃さまの役。
一人ひとりの言葉が直接的なメッセージとして個々に完結していたこれまでと違って、
ひとつの場面を会話のやりとりで創っていくのは思っていた以上に難しい作業でした。

しかも同じ人が複数の役を担当しながら、決して「演じ分ける」のではなく、
どの役も「自分の声で」表現することを求められます。
でも、あまり深く考えすぎずにストレートに響かせることができると、
キャラクターの輪郭がくっきりと立ってくるのが不思議なところ。。。

これから本番に向けて、みんなで作品を創り込んでいく作業がとっても楽しみです。


さて、次に登場するのは、ぴっぴ。
響塾の男性陣の中でも、とびっきり歌が上手で
あたたかく包み込むような安心感のある声の持ち主です。

マイペースでどっしり構えていそうに見えて、実は相当な心配性だったりもします。

ぴっぴが担当するのは、星の村のシェフ。
ぴっぴの響きで説明されるお品書きは、この上なく幸せなお料理の数々を想像させてくれます。
皆様もきっと、わぁ、このレストランに行ってみたい!と思われるはず。
どうぞ、本番をお楽しみに。

ぴっぴ、よろしくね!