わたしはだあれ?

201709img_4166

いや、響塾のヨシタケでございますが(^^;)。
年も明け、響塾のメンバーによる響舞紹介ブログも折り返しを通過して
次回作がどのようなものか、これをお読みの皆様にもなんとなく
雰囲気は伝わってきたのではないかと思います。
「私はこれこれの役を・・・」という皆の記述にもあるように
今回の作品は、ひとつの物語をお伝えする
ちょっとした演劇仕立てとなりました。
で、ワタクシの担当はと言いますと・・・

えーと、
「なんでそこに居るの!?」
「て言うか、何がしたいワケ?!」
「そもそもアンタ、誰なんだよっ!」
・・・(爆)

未だに”自分”が分かりません。
あたしゃ一体何者なんでしょう?!
(実際、まだリハーサルのたびに解釈がブレます)(汗)

でも、理解はできなくても感じるものはあるのです。
頂いた台本に書かれた言葉、セリフの持つ感情を
一言ずつ読み解いて、一言ずつ響かせる。
そこに、観客を物語に引き込む強さを込められたら、と願いつつ。

ぜひ、多くの方々にご覧頂いて
この謎の男が、そしてこの一風変わった物語が
「よく分からないけど、何か心の中の大切なものが感じられた」、と
みなさまに思って頂けますように。


さーて、次回の塾ブログは?!

「麻子、作品を語る」、「麻子、自分を語る」、
「麻子、次回ブログ担当者を語る」の三本でお送りいたしまーす!
(ウソです。でもまぁ内容的にこんな感じかも?)(笑)
ということで、毎回の衣装ディレクションも担当している
麻子さんの登場です!
いろんな面で活躍する、”マルチな才女”ですが
塾作品一作目のリハーサルにして、楠瀬先生に
「”美しさの持つ怖さ、近寄りがたさ”をほぼ体現できている」
と評された、響塾に無くてはならない表現者でもあります。
今年はどのような活躍をするのか?!
そして一同の衣装もあわせて、本番をお楽しみに!

では、次回もまた読んで下さいね〜!

響舞2017ホームページはこちらへ