心配から、信頼へ。

201710IMG_4331_Fotor

響塾 麻子です。

寒波が到来した、1月半ばの週末。
2月25日の響舞に向けて、毎年恒例のリハーサル合宿でした。

この合宿の別名は「愛ある監禁」^^;

茨城のセミナーハウスに初日は朝10時集合、23時半終了。2日目は朝9時スタート、17時終了。

時間も長いけど、密度も濃い〜の!

今年は特に、出ハケだったり立ち位置だったり、衣装チェンジだったりの確認がたーくさんあるので、カラダもココロもアタマも使ったなあ。

私は毎年、衣装ディレクションを担当しています。今年はなんと、全員が自分の役柄のイメージでデザイン画を描き、それぞれが手作り。

これまでは基本となるデザインを決めて、デコレーションだけ各自でアレンジ、というやり方だったから、これは相当なチャレンジなのです。

正直なところ、最初は「できるかなー」とちょっと心配だったんだけど、一方で「響塾のみんななら大丈夫」という信頼も。そこで、みんなにはあえて言ってみました。

「大丈夫。必ずできるから!」

今回の合宿では、初めて全員が衣装をつけて通しリハをしたのですが、みんなすっごくいい感じ(^ ^) 本番に向けてもっと素敵に仕上がっていくはずです!

ところで、今回の私の役どころは、物語の案内係。けっこう濃い〜キャラなんだけど、人一倍、心配性でもあるみたい。

心配から信頼へ。

物語を通して、成長していく姿を伝えられたらいいな。


さて、次の書き手は、「ミハさま」こと、みはるこさん。見た目も声もスイートなのに、言動はなかなかスパイシー!というギャップが魅力的な存在です(^O^)

舞台では毎年、ミハさまの「行間を読み解き、ナチュラルに表現する力」に驚かされます。

ではミハさま、よろしくねー!

響舞2017ホームページはこちらへ