一緒に登ろう!

IMG_4503_Fotor

響塾の、めぐです。

年に一度の響きの舞台、「響舞」まで残り1週間。ワクワクとドキドキが高まってきました!

私たちの舞台のつくりかたって、山登りに似ています。
それも、手もとにはザックリした地図しかなくて、「すごく高い山っぽい」くらいしか分からないような。

今回の「丘の子スシューと星の子リティー」も、あっちかな?こっちじゃない?行ってみよう!え〜まだ頂上じゃないの〜⁉︎とか言いながら、みんなで登ってきました。

しかも私は、「この役の気持ちが全然わからーん!」ってとこからスタート。
「その人がそのままやれば、必ず意味が出るように創ってある」と渡された脚本なのに!
グルグル考えすぎて、この役が出てくる意味あるのかなあ?って、心の中はモヤモヤと遭難寸前!

でも、何があってもあきらめないのが私たち。息が切れても、雨が降っても、険しい道でも、それでも歩き続けてきました。
だって、この不思議で素敵な物語を届けたいから。そしてその先に、見たこともない素晴らしい景色が広がっていると信じているから。

さあ、頂上は、もうすぐそこに。
登り切るその瞬間を、ぜひ一緒に味わいましょう!


次は、このリレーブログのアンカー、スミエです。
彼女は広い草原にスッと立っているような人。飾らず、リキまず、広く見渡している。そしてリハーサルは、パワー全開で出し尽くす!そんな姿に、私はずっと引っ張っられてきました。ありがとう!
さてスミエさん、本番を目前にして、どんな気持ちですかー?

響舞2017ホームページはこちらへ