声のフルスイングできますか?

ph_Tips26

ブレイヴォーパラのメソッドは、実はイチロー選手のバッティング練習と共通する部分があります。それは何だと思いますか?

イチロー選手と言えば、ヒットを量産し、数々の世界記録を打ちたててきました。自由自在に打球をコントロールしている印象があるかと思います。そんなイチロー選手、練習の時に必ずやっていることがあります。それは、他のバッターの常識を覆す練習でありパラのメソッドとも共通することです。

イチロー選手は、練習の時は必ず左打ちフルスイングで、ライトスタンドにホームランを量産します。同じ目線で打法の会話ができるのはあの王貞治さんだけ、とイチロー選手は断言しています。スラッガー(長距離打者)と言われる選手以外でも、フルスイングでスタンドに打ち込む練習を沢山するのは一般的では無いようです。王さんもフルスイングで自分自身を創っていくアプローチをされていたそうで、監督の頃も、流し打ちの練習ばかりしている選手を、実は良い眼では見ていなかったそうなのです。

王さんはホームラン王なのでわかりますが、ヒット量産型の選手がフルスイングを基本にしているとは驚きですね。イチロー選手からすると、「フルスイングできないでどうすんですか?」と、ごくあたり前のことのようにコメントされています。フルスイングできる身体と技術があるからこそ、余裕のある、しなやかで美しいスイングが生まれるのでしょうね。同様に練習では遠投も沢山されています。

ブレイヴォーパラのアプローチも全く一緒です。決して大きな声が目的ではありません。イチローのようにフルスイングするからこそヒットを量産できる。フルで発声するからこそ、日常の声が変わり、人生も変わるのです。