ココロの琴線にふれる音色

Mifuret用

Breavo-paraのスタジオでは、受講期間に応じて3種類のクラスがあります。
レッスンの進度により「歌う」「響かせる」を「自分の響き」で自由に表現していくようになります。

楽曲「Celt(ケルト)」*のレッスンでの出来事です。
3声のハーモニーで、心に深く響き渡る音色が生まれました。
その音を肌で浴びた時、心の中に何とも言えない感動が湧き上がってきました。
音は、心と身体に鳴り響くものだと知りました。
その美しさに心をうたれたのは、きっと私だけではないはずです。

どんなに歌が上手な方でも、お一人でハーモニーを作ることはできません。
Breavo-paraスタジオは、ハーモニーの美しさを全身で深く感じとることができる、
とっておきの空間です。

*楽曲「Celt(ケルト)」とは?
Breavo-paraの受講生の年に一度のステージ、響舞。
そこで歌われる「Celt(ケルト)」は、静まり返る森の月夜の美しさを象徴する楽曲です。
この曲は2声の合唱曲として、10年以上の間レッスンや響舞で歌われ続けてきました。
今年から荘厳なフレーズが加わり、更に重厚な3声のハーモニーへと進化しています。

★私たちのレッスンを体験してみませんか?
体験クラスは、Breavo-para主宰・楠瀬誠志郎がわかりやすくお伝えしている、
少人数のグループレッスンです。
スケジュールやお申し込み方法は、こちらでご案内しています。
https://www.breavo-para.com/contact/apply_trial/