自分の中の響塾

IMG_7678_Fotor

初めまして!初参加のじゅんです。
今からちょうど一年前、楠瀬誠志郎先生に響塾のお誘いの言葉をいただきました。

当時、私は仕事の都合でレッスンを4ヶ月ほどお休みしていましたが、ブレイヴォーパラの10周年のパーティに参加した時、楠瀬先生に「久しぶり、よく来てくれたね」「いつから復活するの?」と声をかけていただきました。
私が「来月から復活します」と答えると先生は「来年の春から一緒にやろう!」と言ってくださいました。
その時、私は「一緒にやろう」の言葉の意味をよく理解できていませんでしたが、仁先生にその話をすると「来年の春から響塾でレッスンを一緒にやろう」という意味であると教えてくださいました。

当時の私にとって響塾はレベルの高いレッスンをするところであり、とても敷居の高い場所。自分にはブランクもあり、まだまだという思いがありましたのでその場で「よろしくお願いします。」と素直には言えませんでした。

3ヶ月が経ち2017年の舞台「響舞2017」に参加して、自分の中に「今まで自分がレッスンで学んだことが出せた」という思いが生まれ、響塾の舞台を見学した後に「自分もこの舞台に立ちたい」という思いが強くなりました。
その日のうちに楠瀬先生に「春から響塾でよろしくお願いします」と伝えると笑顔で迎えいれてくれました。

仕事が忙しくなってしまい、休みがちになって、響塾のレッスンについていけなくなりそうな時、不安な時もありますが、先生方や響塾の先輩達に助けていただきながら、なんとかしがみついている状態です。
正直、体力的にキツイ時や頭がパンクしそうな時もありますが、レッスンが終わった後、みんなと一緒にお菓子を食べながら会話している時に、心地よい疲労感を感じながら「この空間の中にいられる事が幸せだなぁ〜」と思える自分があります。

今の自分にとって、響塾は普段の生活や仕事のストレスをこの瞬間だけは忘れさせてくれる、自分にとって無くてはならない場所になっています。

「響塾は何色?」の質問に対して色々な色をイメージしてみましたが私の出した答えは「無色透明?」
声色や音色など声や音に色という言葉がつくことがありますよね!
直接目で見ることが出来ませんが確実に存在するもの、とても大切なものです。
響塾にはいくつもの個性が集まっていて、誰一人として同じ色に染まっていない。しかも毎年、少しづつ変化している。
空気も無色透明ですが月の光や星空、夕焼けや青空などによって空気の色が変わるように(正確には空気に色が付いた訳ではないですが)、どんな風にも色を変えていける集団こそが響塾だと私は思う。

公演情報
日時:2018年2月24日(土)16:30開場 17:00開演 19:00終演(予定)
会場:ラゾーナ川崎プラザソル
〒212-8576 川崎市幸区堀川町72-1ラゾーナ川崎プラザ5F
http://www.breavo-para.com/event/kyomai/